諦念・諦観・憂愁同盟。


諦念[タイネン/テイネン]
物事の道理を悟り、迷いを去る(あきらめの境地に達する)こと。

諦観[テイカン]
1 本質をよく見きわめること。
2 俗世に対する希望(欲望)を絶ち、超然とした(生活)態度をとること。

憂愁[ユウシュウ]
心の底を離れることの無い、心配と悲しみ。

(三省堂 新明解国語辞典より抜粋)





―漠然とした悲しみ、憂い、諦め、怒りがある方へ―








0o

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー